12月度入門式と修練おさめ

12月は小学4年生と小学1年生の姉弟が入門しました。友達が川西中部道院の拳士で、保護者の方がこのホームページを見て、体験見学に来られました。その時にお姉さんも一緒に体験してみて興味を持ち、この度の入門となりました。写真は入門式で道院長と少年部入門者で必ずかわす「三つの約束」です。これは、周りで聞いている現役拳士にも初心に戻り、足元を見つめる良い機会になっています。これから道院の仲間と楽しくかつ真剣に修練していきましょう。

12月22日(水)23日(木)25日(土)に道院の修練おさめをしました。法話で「今年もいろいろな事があった一年でした。コロナウイルスで12か月のうち4か月ほど修練ができず、みんなは道場を離れていくかなと心配しましたが、一人も辞めることなくこの修練おさめの日を迎える事ができ、嬉しいです。今年も一人一人の拳士が【やればできる力】を大きくしました。科目表を見てごらん。できるようになった技がたくさん増えたね。必ず【やればできる力】を持っているんだから、来年もその力を大きくしていこう。みんなが「やる気」をもって道場に来てくれて嬉しかったです。来年も仲間といっしょに磨き合おう。1月の修練はじめも元気で会いましょう!」と伝えました。

保護者の皆様、今年も子どもさんの送迎をはじめ、各種行事へのご協力ご支援をありがとうございました。良い年をお迎えください。

いいね!>> いいね! 3人